富山県南米協会

〒930-0096 富山市舟橋北町4番19号(富山県森林水産会館7F)  Tel:076-441-6148  Fax:076-444-2179

南米教会とは

トップ > 南米協会とは? > 海外移住について

海外移住について

富山県と南米 交流の歴史

1908(明治41)年 日本の第1回ブラジル移民791名(うち契約移民781名、自由渡航者10名)が、笠戸丸で4月に神戸港を出港し、6月にサントス港へ
1909(明治42)年 富山県人初の南米移民としてペルーへ向けて、7月に16名が満州丸で横浜港を出港したのをはじめ、翌年3月まで5回、県人計79名が渡航
1910(明治43)年 富山県人初のブラジル移民3家族10名が旅順丸で5月に神戸港を出港し、サンパウロ州ガビロバのコーヒー農園に入植
1927(昭和2)年 サンパウロ州ミランドポリス市第三アリアンサ地区に、富山村建設の先発隊として松沢謙二(福野農学校教諭)氏が幹事に委嘱されて、4家族11名が「さんとす丸」で6月に神戸港を出港し、現地に入植。以降、1937年(昭和12年)まで第三アリアンサ富山村に141家族531名が入植
〈参考〉日本の中南米移民は、戦前24万人(本県1863人)、うちブラジル19万6千人、次いでペルー3万3千人、アルゼンチン5千余。移民の9割は雇用型農業移民
1952(昭和27)年 戦後移民が再開され、戦前移民による近親者の呼寄せが一時期の主流
〈参考〉戦後7万人(本県393人)、うちブラジル5万2千人、技術移民6%
1960(昭和35)年 ブラジル富山県人会発足
1961(昭和36)年 富山県海外移住留守家族連絡協議会(県海外移住家族会の前身)設立
1964(昭和39)年 県費留学生の受入れ開始
1966(昭和41)年 在亜(アルゼンチン)富山県人会発足
1971(昭和46)年 ペルー富山県人会発足
1972(昭和47)年 富山県永年移者郷土招聘事業開始。松沢玉喜さん(松沢謙二夫人)ら来県
ナチ・ド・ブラジル社設立、吉田ブラジル社設立
1974(昭和49)年 海外技術研修員の受入れ開始、高岡市とミランドポリス市が姉妹都市提携
第4回県青年の船(名誉団長 中田幸吉知事、団長 寺田初夫黒部市長ら87名)が中南米訪問
1975(昭和50)年 ボリビア富山県人会発足、日南アルミニウム(合弁)設立
1977(昭和52)年 第三アリアンサ富山村開村50周年記念訪問団(団長の高平公友参議院議員ら127名)が南米訪問
1978(昭和53)年 第三アリアンサ富山村日本語学校への教員派遣開始
top
本協会設立以降の動き
1979(昭和54)年 10月20日 富山県南米協会設立総会初代会長に高平公友参議院議員
11月8日 富山市がモジ・ダス・クルーゼス市と姉妹都市提携
1980(昭和55)年 3月27日~31日 ラテンアメリカ・フェステバル(於:大和富山店7階)
本協会設立を記念し、ロナルド・コスタ駐日ブラジル大使夫妻を招き開会
3月 「富山県海外移住者名簿」印刷(出身市町村別編集、県家族会調査)
6月16日~24日 ミランドポリス市から元市議会議長ら7名が「高岡アルミ50年祭」に来県
本協会機関紙「南米ととやま」創刊号発行(7月1日)
本協会主催ポルトガル語教室開講(9月12日)、森井一好講師(週1回)
「南米協会だより」創刊号発行(10月1日)
1981(昭和56)年 10月29日 ブラジル富山県人会館落成式(於:サンパウロ市)
1982(昭和57)年 4月11日~14日 モジ・ダス・クルーゼス市副市長ら18名来県
8月20日~19日 富山市が南米に産業視察団(竹内宗八団長)11名を派遣
1983(昭和58)年 3月 「富山県出身者関係者名簿」発行(移住先国、県人会支部別)
掲載内容 ブラジル814家族(サンパウロ229、アリアンサ101、他484)、アルゼンチン64家族、ペルー19家族、他12家族
4月30日 本協会定期総会に南米在住県人30名が来賓として出席
5月4日 置県百年で帰郷の海外移住県人歓迎祝賀会(51名知事招待)
5月9日 富山県置県百年記念式典開催(於:富山県民会館)
5月27日~6月10日 第13回富山県青年の翼(名誉団長 中沖豊知事、団長 山崎弘道教育長ら82名)が南米訪問
7月16日~9月15日 にっぽん新世紀博覧会(太閤山)富山県館において「ブラジル展」を開催、世界のバザール館に南米コーナ開設
10月10日~10月28日 置県百年記念富山県南米親善訪問団(鹿熊安正団長ら八尾おわら保存会を含む106名)派遣
1984(昭和59)年 6月2日 定期総会に松沢貧氏(第三アリアンサ富山村開拓の父と呼ばれる松沢謙二氏の長男)が招かれ出席
1985(昭和60)年 2月7日 本協会が海外移住への貢献が認められ、外務大臣表彰授賞
4月18日~21日 モジ・ダス・クルーゼス市から副市長ら22名来県
6月27日~30日 「とやまトレードフェア85」(富山産業展示館)会場においてブラジル物産展を開催
7月18日 富山県・サンパウロ州友好提携協定の締結
中沖県知事とモントーロ州知事が州政庁で協定書に署名
7月21日 ブラジル富山県人会設立25周年式典(於:サンパウロ市)
1986(昭和61)年 海外技術研修員の同州政府推薦受入れ開始
南米移住史編纂委員を委嘱
1987(昭和62)年 3月 「富山県出身者関係者名簿(改訂版)」発行(県移住家族会と共同)
10月9日~23日 ブラジル第三アリアンサ富山村開村60周年記念南米親善訪問団(鹿熊安正団長ら書・華道、城端むぎやを含む82名)を派遣
1988(昭和63)年 7月23日~8月15日 大アマゾン博覧会開催(於:富山県民会館)
7月 県がブラジルから3名のサッカーコーチを招へいし実技等指導
在伯富山県人会館に前年増築された記念ホールの母県紹介コーナー及び図書室の展示等の充実のため、各市町村、会員からの寄贈品を送付
1989(平成元)年 8月 本協会設立10周年を記念し、サンパウロ州のサッカーチーム・ジュニア選抜「セレソン・パウリスタ・ユース」招待、県高校選抜チーム及び成年一般チームと親善試合
9月 『富山県南米移住史』(発行富山県、編集富山県南米協会)700冊刊行
10月28日 富山県南米協会設立10周年記念式典及び講演会(於:高志会館)
1990(平成2)年 10月12日~25日 県州友好提携5周年、伯富山県人会30周年記念富山県南米親善訪問団
(中沖豊名誉団長、高平公友団長ら40名)派遣
1991(平成3)年 6月 「富山県出身者関係者名簿(改訂版)」発行
1992(平成4)年 7月 ジャパンエキスポ富山92に際し、南米からの県特別招へい者(6名)らを招き懇談会開催
1994(平成6)年 設立15周年記念講演会(講師 内閣外政審議室長 谷野作太郎氏)
1995(平成7)年 11月1日~15日 県州友好提携10周年、伯富山県人会35周年記念富山県南米親善訪問団
(中沖豊名誉団長、渡辺辰男団長ら52名)派遣
富山県・サンパウロ州友好記念奨学金制度の創設
サンパウロの県人会館及びアリアンサ日本語学校に「記念文庫」設置
「日伯修好100周年記念写真展」を富山県民会館で開催
県にポルトガル語国際交流員及びスポーツ交流員(サッカー)を配置
1999(平成11)年 設立20周年記念講演会(講師 共同通信社編集委員 伊高浩昭氏)
2000(平成12)年 10月 2000年とやま国体開催に際し、南米からの県特別招へい者(8名)らを招き懇談会開催
11月16日~30日 県州友好提携15周年ブラジル県人会設立40周年記念富山県南米親善訪問団(河合常則団長ら32名)派遣
2001(平成13)年 アルゼンチン富山県人会創立35周年
2002(平成14)年 「在亜富山県人会創立35周年記念誌」(400冊)の国内での配布。外務省、国会図書館のほか、県内市町村、同図書館、関係機関等に送付
砺波繊維商組合より寄贈のトレーニングウエア等185点をアリアンサ日本語学校に送付
2003(平成15)年 サンパウロ市内の富山県人会館が夜強盗に襲われ、被害が生じたので、本会基金から見舞
2005(平成17)年 10月19日~11月2日 富山県南米親善訪問団(団長 平村国光長理事長ら46名)派遣
(県州友好提携20周年、伯県人会設立45周年記念)
2007(平成19)年 日本語学習用DVDソフト「ブラジルの4つの伝説」製作(100枚)
2008(平成20)年 「日伯交流年ブラジル日本移民百周年記念写真展」開催
富山地区 7月30日~8月5日 ファボーレ1階太陽の広場
高岡地区 8月7日~8月13日 イオンモール高岡2階
2009(平成21)年 6月20日 富山県南米協会設立30周年記念式典等(於:名鉄トヤマホテル)
講演会(講師ブラジル富山県人会根塚弘会長、林忠行顧問)
シンポジウム(ブラジル日本語学校派遣教員経験者「富山県アリアンサ会」)
6月 県内在住の南米出身日系人(4200人)のデカセギ失業者等に対する食糧支援
top
Copyright © 2006-11 kitanippion print Co.,ltd. All rights reserved.